排卵日の計算
  • 女性の排卵日を唾液で観察 レディディ・プラス
  • デリケートゾーンのケアに ジャムウパックディアルナ
  • 今だけ半額 プルオイルスキンローション
  • 基礎体温と妊娠

    基礎体温と妊娠

     基礎体温で妊娠だと判断するには、どうすればいいのでしょうか。
     まず、自分である程度、高温期と低温期の把握ができていないといけません。これは必須です。その上で、高温期が16日以上続いていたら、まず『妊娠』の可能性があります。
     高温期の期間が長めの場合(16日くらい高温期がある場合も、まれにあるようです)には、普段の高温期+2日以上の高温期間が続いている場合、『妊娠』の可能性があります。
     普通、高温期間が18日以上であれば、かなり妊娠の可能性が高いです。


    ジュリー・ボーエンが撮影中に陣痛

    以下、ヤフーの記事から抜粋です。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000018-flix-movi

    「ボストン・リーガル」のジュリー・ボーエンが撮影中に破水し、陣痛が始まったため病院に運ばれたことを共演者のウィリアム・シャトナーが発表した。その夜、ボーエンと夫スコット・フィリップスに息子のオリバー・マクラナハン・フィリップスが誕生したという。体重は約3150グラム、身長約48cmの元気な男の子だとのこと。ボーエンとフィリップスは2004年9月に結婚。「ボストン・リーガル」でボーエン演じるデニースもストーリーの中で妊娠している。

    男の子ですか……いいですね、子宝に恵まれるというのは。

    基礎体温について

    排卵日について調べているうちに何度も出てくる『基礎体温』という言葉。今日はそれについて調べてみた。

    『安静時の 基本的な体温』 、つまりは、朝、目覚めてすぐ、体を動かさない状態で計る体温、という定義があるらしいです。

    計る時のポイントは 

    1 毎日、おおよそ同じ時間に計る。

    2 連続4時間以上の睡眠時間があること

    この二つがポイントだそうです。

    オメデタ

    と言っても、芸能人の方ですが(笑)
    以下は、ヤフーの記事の抜粋です。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000010-oric-ent

    タレントで元『男闘呼組』の前田耕陽の妻で、人気漫才師・海原ともこが12日午前11時4分、大阪市内の病院で第1子を出産した。女の子で名前は“歌星”(かせい)ちゃんと名づけた。現在、母子共に健康という。

     前田、ともこ双方の事務所の連名で報道各社に届いたFAXによると、歌星ちゃんというのは前田の父が以前より考えていた名前。“星”という文字を強く望んでいたという( 海原ともこの写真など詳細はこちら!! )。

     前田は「待望のパパになりました!親になる責任を十分に感じながら3人でこれからも頑張ります!」とコメント。予定日より遅れたことで、やや不安な気持ちになっていたというともこも「無事生まれてくれてよかったです。私がママってすごい!!」と喜びを爆発。相方で実の妹の海原やすよは「眉毛が小さいころのともこにそっくり!“おば”はめっちゃ可愛がります!」と早くも“寵愛”を始めるようだ。

     なお、来週16日(月)に大阪市内の病院で会見を開く予定。

    やっぱり、ベビーを授かることって、嬉しいみたいです……お幸せに!

    今年のロッテ

    いや、新人や前途有望な若手が多くて、今年は期待できそう。

    まず大嶺。3年後には今年獲得した唐川・昨年タイトルを獲得した成瀬と共にロッテの3枚看板になっていると思う。
    それから社会人・大学生ドラ1の服部。球の出所が非常にみにくく、打ち難い、とは受けた捕手里崎や対戦したロッテ野手陣のコメント。ロッテの先発左腕は現在成瀬しかいないので、可能なら先発で頑張ってもらいたい。いや、藤田の穴を埋める意味で中継ぎという選択肢もあるんだけれども、新外国人のアブレイユが守護神として使えそうなのと、同じく大社ドラフト4位の伊藤がセットアッパーとして使えそうなので、去年活躍した左腕・川崎を守護神に回さず、藤田の穴埋めでいいかな、と。ワンポイントには高木がいるし。

    そもそも先発は、成瀬、小林宏、渡辺俊、清水、小野、久保がいるのだから、先発は充分過ぎる。大嶺と服部、どちらかが計算出来ると判断したら、小野か清水を中継ぎに回すのもありかと思う。もし両方計算たちそうになったらどうやってローテー回すのかなというかなり贅沢な悩みまで出てくる。個人的には、昨年先発でいまひとつだった清水。短いイニングであれば力押しがまだまだ出来ると思う。

    中継ぎは、かつてのドラ1、田中の評判がいいのと、毎年毎年期待されながら1軍半の神田、そして先程もあげた大社ドラフト4位伊藤と、同じく5位の下敷領の4人の名が出てくる。まだ紅白戦だけど、特に新人2人はいい感じ。よくこの2人が4位と5位で残ってたな、と思うほど。今年のドラフトは、ロッテの中では近年稀に見るくらいの大成功ドラフトだったのかもしれない。
    これに、内、中郷、木興、黒滝、根本が絡んでくるのではないか。黒滝に関しては大嶺・唐川同様期待されているので、2軍でじっくり熟成、という方針だと思うから今年はまだかもしれないが、内か新人の根本は出てくるかもしれない。


    これにロッテに復帰したシコースキー、昨年活躍した荻野、川崎、高木で中継ぎは充分機能するはず。小宮山を敗戦処理だけで回せそうなほどの充実振り。

    あとは守護神にアブレイユ……なんかこうやって面子を書いていると、今年はすごい安心してロッテの試合を見れそう(TVで見る機会が少ないけど)
    あくまで、皮算用だけど(汗)

    皮算用といえば、ここ数年、ソフトバンクが圧倒的優位だと考えてシリーズに入っていたが、ここロッテもソフトバンクもここ2年、ハムに遅れをとっている。
    この投手陣を考えれば、今年こそロッテが優勝すんじゃないか、と淡い期待を抱きたくなってしまう。
    YFK総崩れの影響を埋めきれるかどうか。シリーズ開始したら目を覆いたくなるような投手陣、という光景になっていないことを信じています。

    あぁ、でもこうやって書いていると……投手ばっか。そりゃそうだ、だって今年のドラフト、YFKの穴埋めのために指名した選手、みんな投手だもの。野手は既存の戦力でもなんとかなると思うんで……青野、根元、塀内、大松、竹原、角中、南の各若手に期待。